アライグマ駆除ならアライグマ駆除navi|野生化してしまったアライグマ

*

アライグマ駆除navi

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-021-072

0800-805-7728

最新情報・レポート

アライグマ駆除:15800円~&日本全国受付対応|アライグマ駆除ナビのコラム記事ページです

野生化してしまったアライグマ

アライグマという動物を知る上で、ペットが野生化してしまったことを考えなければいけません。70年代にアライグマが主役のアニメが流行ったことが切っ掛けで、アライグマのペットブームが起こりました。そのペットのアライグマの中から残念なことに逃げ出したり、野外に放したりした個体が野生化してしまったことが、現在の野生のアライグマ被害の原因の一つとされています。アライグマの生態として、運動能力が非常に高い動物ということが言えるでしょう。動物園などの飼育機関の高い柵から逃げ出せるほどの木登りやジャンプの能力があります。そして繁殖期である1月から3月までの間に攻撃性が非常に高くなり、発情期も毎年訪れるために飼育が非常に難しい側面があります。また繁殖能力も高く1回に5匹前後の子どもを産みます。運動能力も高く、外来生物のために天敵も存在しないアライグマは日本で爆発的に増え、現在のアライグマの被害に繋がっています。アライグマが日本の環境に与える最たる例として、北海道のアオサギの卵がアライグマに襲われてしまい、結果として襲われた場所に翌年からアオサギが飛来しなくなったケースもあります。農林水産業の影響だけではなく、生態系にも影響を与える害獣として、現在アライグマの駆除が必要になります。元々はペットなどの飼育用で可愛がられるはずの生物が、野生化して被害を起こしている現状をきちんと考えなければなりません。しかし一度被害が起きてしまえば、アライグマの繁殖能力や凶暴性、そして運動能力は非常に厄介になります。狂犬病などに感染している個体も居るかもしれませんので、アライグマの駆除をする際には、アライグマの知識やアライグマ駆除の経験がある業者に頼むことが安全でしょう。当サイトではこの厄介なアライグマを駆除する業者を全国から紹介しておりますので、アライグマを見かけた際にはぜひご相談ください。