アライグマ駆除ならアライグマ駆除navi|穀物類の被害が増えます

*

アライグマ駆除navi

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-021-072

0800-805-7728

最新情報・レポート

アライグマ駆除:15800円~&日本全国受付対応|アライグマ駆除ナビのコラム記事ページです

穀物類の被害が増えます

秋になると夏を越して立派に実った稲穂が黄金色の絨毯のように広がっている光景を見かけることがあります。10月に入ると本州の南の方ではほとんど収穫が終わってしまいますが、東北地方、北海道地方など寒い場所の収穫期はこれからが最盛期を迎えます。 そんな頃、アライグマに寄る穀物類の被害が増える場合があるので、農家の方は警戒が必要な時期でもあります。 アライグマは基本的に何でも食べる雑食性で、より好みせず、その場その場で食べやすいものを食べていくと言われています。つまり、夏場は昆虫類や夏野菜がメインターゲットになっていたものが、お米などの穀物類に移行する可能性があるということなのです。 アライグマは大変器用な動物で、見た目に違わず中々俊敏な動物ですから、追い回したりしたところで効果はあまりありません。 アライグマ対策にはアライグマを寄せ付けないという対策が一番です。 アライグマを近づけない方法としては、電気柵の設置などが有名です。すでに畑や水田では導入済みのところが多いでしょう。 一方、水田近くの一般の住宅などでは、そうした設備を備えている例は少なく、アライグマの侵入で庭先の家庭菜園やキッチンにまで侵入されての被害も少なくありません。アライグマは見た目によらずかなり凶暴な動物ですので、迂闊な手出しは怪我の元。何度もアライグマが入り込むようであれば、当サイトへお気軽にご相談ください。