アライグマ駆除ならアライグマ駆除navi|アライグマの素顔

*

アライグマ駆除navi

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-021-072

0800-805-7728

最新情報・レポート

アライグマ駆除:15800円~&日本全国受付対応|アライグマ駆除ナビのコラム記事ページです

アライグマの素顔

アライグマは皆さんご存知だと思います。 みなさんはアライグマをどのようなイメージとして見ていますか? アニメに登場するアライグマをイメージする方もいらっしゃると思います。 ですが、本当のアライグマはアニメのように可愛い動物ではありません。 まずアライグマとは哺乳網食肉目アライグマ科アライグマ属というものに分類される哺乳類で巣。 タヌキに似ていて、アライグマを英語でraccoon(common raccoon)と呼ぶのに対し、タヌキはraccoon dogと呼びます。 前足を水中に突っ込み、獲物を探る姿が手を洗っているように見えることがアライグマの名称の由来となっています。 もともとアライグマは北アメリカ原産の野生動物で、日本では1977年にアライグマを題材としたアニメが放映されペットとして多くのアライグマが輸入されるようになりました。 ペットとして輸入されたアライグマが手に負えなくなって屋外に放され、野生化したと考えられています。 アライグマは雑食性であり、小動物を捕獲して食べます。 そのため森林から住宅地まで多様な環境に適応し、繁殖力が高いこともあり、現在は全都道府県で生息が確認されているのです。 農林水産省によると、2012年アライグマによる農作物の被害は全国で3億3300万円にも上ったと言われています。 アライグマの主な被害はやはり農作物被害です。 他には畜産被害、生活環境にも被害があります。 農作被害のうち農作物の被害としては… ミカンやカキ、ブドウ、ナシなどの果物。 スイートコーン・スイカ・ミニトマトなど甘みのある野菜が良く報告されています。 畜産被害としては牛などの配合飼料をまとめて、畜舎や飼料小屋に侵入し、飼料を食べます。 またそれだけでなく、フン・尿を排泄するなどして衛生面でも問題になっているのです。 野生動物に農作物などが被害を受けてしまった場合、何から被害を受けているかを特定することが重要です。 またハクビシンと同じように家屋に侵入し、フン・尿による生活被害を及ぼします。 アライグマは刺激すると凶暴な性格をむき出しにする動物ですが、通常人に対してはアライグマから襲うことはありません。 しかし犬に関しては襲われた例がありますので、注意が必要となっています。 アライグマを発見されても近づかないようにしましょう。 驚かせたり刺激をすると、アライグマは自分を守るために攻撃することがあります。 アライグマはアニメでは可愛らしいイメージがありますが、実際はこのようにいろんな被害を及ぼします。 アライグマの駆除は捕獲する許可が必要であったり、地域によっては駆除をしない地域もあります。 アライグマによる農作被害、生活環境に被害が出ている方は早めに相談し、アライグマの駆除を依頼しましょう。