アライグマ駆除ならアライグマ駆除navi|アライグマによる被害

*

アライグマ駆除navi

年間3,000件以上の実績

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0120-021-072

0800-805-7728

最新情報・レポート

アライグマ駆除:15800円~&日本全国受付対応|アライグマ駆除ナビのコラム記事ページです

アライグマによる被害

アライグマは日本各地で野生化し、その数はどんどん増えていっています。タヌキやキツネなどの日本の在来動物とは違い、アライグマは北米大陸が原産で、ペット用などとして日本国内に持ち込まれました。その後、飼っていたアライグマが逃げ出したり、何らかの理由で捨てられてしまったりなどして野生化しています。現在アライグマは特定外来生物に指定されています。アライグマの被害は毎年各地で報告されており、大きく分けて3種類あります。 【農作物や畜産飼料を食害する農業被害】 ・農業被害のうち農作物の食害ではミカンやブドウなどの果物や、スイカやミニトマトなどの甘みがある野菜がよく被害にあっています。 ・畜産被害としては、ウシなどの配合飼料を求めて畜舎や飼料小屋に侵入して飼料などを食べるだけではなく、糞尿を排泄するなど衛生面でも問題とされています。 【野生生物に影響を及ぼす生態系被害】 アライグマは雑食性であり、カマキリやバッタなどの陸上の昆虫を食べたり、サワガニやエビ、魚、ヤゴなどの水辺の生き物、木の上などにある鳥の巣の卵なども食べてしまいます。さらには希少なサンショウウオやカエルなども捕食し、フクロウやムササビなどの巣を奪って寝床としたり、生態系に大きな影響を及ぼします。 【人の生活環境に影響を及ぼす生活環境被害】 アライグマは人間の日常生活圏内でも活動し、民家や業者から出るゴミや残飯をあさったり、屋根裏などで繁殖することもあり、糞尿の排出や家屋の破壊などの被害も報告されています。